死について

死とはなんだろう

これは人間にとって一番興味のあることではないだろうか。

なぜなら、経験したことのある人間がこの世にいないからだ。

生まれ変わりは押尾学カート・コバーンと言うことだけで十分だ。

 

私の考える死について

死はただの死だと言うこと。

一言で言えば何もない。生物として死んでいるだけ。

物体がそこにあるだけ。

魂が、輪廻転生が、とか、言わない。

あの世なんてない。

天国も地獄もない。

みんなそんなことわかっていると思う。

私は一度、気絶したことがあるのだけれど、その時と同じだと思っている。

頭に衝撃を受けて気がついたら人に囲まれていて、どれだけ時間が経ったのか全くわからなかった。

あの感覚。

気絶をしたことがある人ならわかってもらえると思う。

死とは気絶から起きない状態だ。

 

ただの死。

 

何にも気にしなくていい。楽だ。

だってPCがシャットダウンするのと同じだから。

 

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

 

 

広告を非表示にする