Sierraをクリーンインストールするにあたってのバックアップメモ

やっぱり購入してからMacbook Pro'15(Mid-2015)の調子が戻らないので、過去になんどもアップルに対応してもらったが直らない。10年以上持ち歩いたバックアップデータに何か悪さがあると思うので、初期化してソフトを綺麗に入れ直したい。その前にmailやブックマーク、アドレスなどのバックアップ方法を探すことにした。

環境はOS10.2.2

1.Mailのバックアップ

タイムマシーンから

2.アドレス

iCloudにて

3.Safariのブックマーク

iCloudにて

4.safariのパスワード

iCloudのキーチェーンを利用する

5.音楽

別にバックアップ

ミュージックー"iTunes"を全てバックアップ(53Gもあった・・・)

6.写真

iCloudにて

7.ピクチャー内の写真データ

タイムマシーンから

8.書類

タイムマシーンから

9.デスクトップ

タイムマシーンから

今後はSSD容量を確保したいのでiTunesは外部HDDから鳴らしたい

で、初期化してみたのだが、タイムカプセルにアクセスできない。このデータを開けないとエラー36が出て来る。アップルサポートに電話したら、OS12.2.2でこのような症状が頻発しているようだとのことで、テクニカル部門からOSのアップグレード待ちと言われていると。よって、OSのアップグレードを待って欲しいとのこと・・・。

結局、USBで外付けHDDを直付けして復元し直して終わり・・・。

意味ねー。