CDを売って後悔している

去年、ずっと持っていたCD1500枚近くを全て手放した。もうCDを買うこともほとんどなくなったし、聞きたいと思っている音源は全てiTunesに入れた。もういいだろうと。

よく学生時代に学校の帰り道タワーレコードに入り浸り、いつも試聴コーナーで試聴していいなと思ったものや、ジャケットでいいなと思ったの、ポップに惹かれていいなと思ったものを買っていた。今も大好きなナインインチネイルズはそこで知った。

国内版でしか手に入らないものを除いて、全てが輸入盤だった。当時円高ということもあって、国内のCDが3000円しているのに1290円とかで買えるのも魅力的だった。邦楽に興味がなかったのも要因だと思う。

学生時代はかなり買ったと思う。暇なときは近所のツタヤに行って当時まだCD販売をしていたのでそこで買ったりした。その頃は本当にやることがなかった。学校は遠かったので学校の友人たちと遊ぶことはほとんどなかった。片道2時間かけて遊びに行くほどエネルギーはなかった。

棚が歪むほどの量になった頃、実家を出て、そのまま放置することになった。その後もしばらくはCDを買い続けた。

5~6年前からほとんどCDを買わなくなり、音楽もつまらないものになって、特定のバンドしか買わなくなった。ここ5年で買ったCDはSlayerのRepentless、Nine inch nailsのHesitation Marksぐらいしか思い出せない。

Repentless

Repentless

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

お試しにという方は、こちらの"The Slip"と言うアルバムは完全に無料でダウンロードできる。

nine inch nails: the slip

CDをもう買うこともほとんどないだろうと、本当に好きなバンド、 SlayerとNine inch nailsを残して全てを売った。1500枚ほどを4~5回に分けて売ったら、トータル1万円いかなかった。まぁ、こんなものだろうと。

ほとんど、iTunesに入れたから大丈夫と思ったら、今になって、聞く音楽がないかなぁと探していると、あ、これ、持っていたなと言うアルバムが多く見つかって、iTunesで検索をかけるとない。ああ、もう聴かないからと思ってそのまま売ってしまったのかというものが、多く出てきた。

それがここ最近多くなった。

エアロスミスのアルバム、Get a grip、Bump。

Get A Grip (Reissue - Remaster)

Get A Grip (Reissue - Remaster)

 
パンプ

パンプ

 

Aphex Twinの各種アルバム。 

I Care Because You Do

I Care Because You Do

 
Classics

Classics

 
I Care Because You Do

I Care Because You Do

 

Judus Priest とか

ペインキラー

ペインキラー

 

果てはHALFBYとか。

HALF WORKS

HALF WORKS

 

 今更ながら聴きたくなって、買うか、レンタルするかでお金を払っている。うーむ、手放さなければよかったかもしれないが、あれだけ場所を取っていたから、逐一お金を払ったほうがいいか。

うーむ。

広告を非表示にする